ピラミッド法の賭け方・使い方|注意点とコツも解説

ピラミッド法の賭け方・使い方|注意点とコツも解説

ピラミッド法とは?賭け方・使い方を基本から習得

カジノでは何も考えずにゲームをプレイするのではなく、攻略法にもなる賭け方を実践している方も多くいます。賭け方といってもさまざまな種類が存在していますが、その中の1つにあげられるのがピラミッド法です。ピラミッド法の使い方は、ピラミッドのように賭け金を増減させていく方法です。この方法の使い方のポイントは勝った場合だけではなく、負けた場合も賭けた金額を規則的に変える長期的な利益が狙えるという点です。

実践の中での使い方としては、最初にピラミッド法をスタートさせる際の賭け金を決めましょう。最初は5ドルを賭けるというようにスタート時の賭け金を決めるのが、ピラミッド法の第一歩です。次の使い方となるのが、ゲームに勝った場合と負けた場合に増減させる金額です。1つ注意が必要になるのが、大きすぎる金額の変化を設定してしまうと、資金の負担が大きくなります。予算を考慮したうえで、どのような金額設定が適しているのか考えていくことが大切です。

実際のピラミッド法におけるスタート時の金額は、5ドルほどにすると無理なく始めやすくなります。また金銭的な負担を減らすためにも、結果に応じて増減させる金額も1ドルくらいから始めるようにしましょう。予算が豊富もしくはゲームに慣れてきたなどの場合には、状況に応じて賭け金や増減させる単位を変化させることも可能です。

スタート時と増減させる賭け金が決まったら、実際にゲームの中でピラミッド法を使ってみましょう。使い方で注意が必要になるのが、ゲームに勝った場合には、最初に決めた単位分だけ賭け金を減らすという点です。例えばスタート時が5ドルで減らす金額が1ドルなら、1ゲーム目は5ドルで賭けて勝ったら、2ゲーム目は4ドルを賭けるという流れです。

一方でゲームに負けた場合には、1単位分だけ賭け金に足してプレイすることになります。1ゲーム目が5ドルで負けたら、2ゲーム目は6ドル、2ゲーム目も負けたら3ゲーム目は7ドルというように賭け金は変化します。

スタート時から連勝できた場合、賭け金を減らしていくと0になる可能性もあります。0になったときには、1ドルのまま続けるか、最初の賭け金に戻して再びゲームをプレイするか最初に決めておきましょう。1ドルのまま続ける場合は、損失のリスクは少ないものの利益が少ないという注意点があります。最初の賭け金に戻すかどうかは、自分のプレイスタイルに合わせて考えていくのも1つの手です。
コチラの記事も要チェック⇒「ベラジョンカジノで遊べるバカラ情報まとめ」
コチラの記事も要チェック⇒「ベラジョンカジノで遊べるルーレット情報まとめ」
コチラの記事も要チェック⇒「ベラジョンカジノで遊べるブラックジャック情報まとめ」

ピラミッド法を使う際に気をつけたい注意点は?

カジノでピラミッド法を実践したい場合、いくつか注意が必要な点が存在しています。より良い形でピラミッド法を利用できるようにするためにも、どのような注意点があるのか実践前に確認しておきましょう。

1つ目の注意点としてあげられるのが、連勝もしくは連敗時のパターンを理解しておくという点です。同じ勝ち数だとしても、連勝から連敗するパターンの場合だと損失のほうが大きくなってしまいます。一方で交互に勝ち負けを繰り返す場合だと、プラマイ0というイメージを持つ方もいるかもしれません。実は交互に勝ち負けを繰り返す展開では、少しずつ利益を積み重ねていくことが可能です。

このように実際にピラミッド法を使ってゲームをプレイした場合、どのような利益が期待できるのかという点はゲームの展開によって変わってきます。そのためゲームの勝敗結果のパターンから、どのような展開になる可能性が高いのかある程度把握しておきましょう。

また連勝が続くなら、ピラミッド法は多くの利益が出せるというイメージを持っている方もいます。しかしピラミッド法の注意点となるのが、ゲームに勝ったら賭け金を減らしていくという点です。ゲームに勝つごとに賭け金を減らしていくため、連勝をしたとしても大きな利益にはつながらないという点を押さえておきましょう。

連勝しても利益が少ない一方で、連敗の場合には損失の金額が大きくなる可能性があるので注意が必要です。ピラミッド法の使い方は、負けたら賭け金を増やすというものです。そのため連敗で賭け金を増やし続けると、損失も大きくなってしまいます。負けが続いてしまった場合には、損切をするタイミングを見極めることも大切です。

連勝や連敗時の対応に関するピラミッド法のデメリットを解消するために、改良版のピラミッド法を実践するのも1つの手です。改良版の使い方は、基本の賭け金から10ドル以上変化したら最初に戻るということです。負けが続いている状況でも、一定の値以上の賭け金になったら最初の数字に戻すことで、損失の額を抑えることにつながります。

実際に改良版のピラミッド法を使いたいときの注意点が、方法を実践したらどのようなパターンになるのか把握しておくという点です。また賭け金を最初の数字に戻すタイミングは、自分の好きなように決められます。予算やゲームの内容、さらにはパターンなどを考慮したうえで自分に合った数値を選ぶようにしましょう。

ピラミッド法を成功させる秘訣・コツは?

ピラミッド法を成功させるコツとなるのが、どのような特徴があるのか把握しておくことです。方法に対する理解度が低いと、ピラミッド法を使いこなすのが難しくなります。そのためピラミッド法のメリットやデメリットをチェックして、成功させるコツをつかめるようにしましょう。

例えばピラミッド法におけるメリットの1つとして、賭け金が高騰しづらいという点があげられます。1ドルずつ賭け金を増減させる設定にしておけば、賭ける金額が一気に増えることはありません。少ない資金の中でもピラミッド法が使えるだけではなく、賭け金が少ないことで負けた場合の損失を抑えられます。

また勝率が50%の場合には、利益はないと思っている方もいるでしょう。しかしピラミッド法の性質上、交互に勝ち負けを繰り返すような展開なら、プラスの金額でゲームを終了できます。ゲームの中でピラミッド法を使うコツをつかんで、自分に合った形で使っていくことが大切です。

ほかにもピラミッド法におけるメリットには、負け越したとしても利益が出る可能性があるという点があげられます。ゲームの中で賭け金を増減させた結果の例などを参考にしながら、どのようなパターンだとプラスの金額で終われるのか情報を集めることも必要です。

ピラミッド法にはメリットがある一方で、注意が必要なデメリットも存在しています。デメリットを把握しておくことも、ピラミッド法を成功させるコツの1つです。例えばデメリットの1つが、連勝から連敗すると損失が大きいという点です。勝ち数が同じだとしても、連勝から連敗した場合は損失が大きくなってしまうのです。最終的にプラスで終わるためのコツを把握して、ゲームの展開を考えるようにしましょう。

また勝ち負けを交互に繰り返したときに利益が出るといっても、大きく稼ぐことはできません。利益は少ない展開もあるということを理解して、状況に合わせてピラミッド法を使っていくのもコツの1つです。さらに連勝した場合でも、ゲームごとに賭け金を減らしていくことで利益は少なめになります。ある程度連勝したら、賭け金を最初に値に戻すなどの形で利益を増やせるように工夫することも可能です。

ピラミッド法には、メリットとデメリットが存在していますが、注意点を把握しておくことで上手に活用しやすくなります。ゲームの中での使い方やコツを押さえて、どのような形でピラミッド法を実践するのがいいか考えていきましょう。

コメントは受け付けていません。